« ブラウニー@京都 | トップページ | 闘鶏 五郎(しゃもごろう)@天神橋 »

煮干らーめん 玉五郎@大阪市天神橋

 日曜日も仕事で、休みなしで少々疲れ気味だったのですが、夜にT君が大阪にラーメンを食べに行こうというので思わず乗っちゃいました。

_3_4 向かったのは、天満駅近くの玉五郎。なんと、偶然にもT君と私の行きたい所が一致していたのです。何故か私は店名を熊五郎と覚えていて、T君に「そんな不吉な名前の店嫌や」と言われてしまいました(^^)。何故熊五郎が不吉かは、BPの方なら分かりますよね!?

店先とカウンターの上には、煮干が入ったタッパーが置いてあり、この店が煮干に拘った店だということを主張しています。ですが、こういうのは少々あざといように感じて、個人的にはあまり好きになれません。

_1_9 私は味玉子らーめんを注文。出てきたらーめんからは煮干のいい香りがふわっと。一口すするとその風味がよく効いていてなんともいえない美味しさ。こってり具合は、洛二神と麺や輝の中間くらいか。結構濃厚なスープですが、煮干の風味のおかげであっさりと最後まで飲み干せます。最後まで熱々で頂けたのも美点。

チャーシューも煮玉子も最初は冷たかったのが、このスープのおかげで熱々に。それでいて最後まで冷めないのが凄いですね。麺は自家製ではないようですが、自家製と言われても信じてしまうほどの美味しさ。ぷりぷりで臭みもなく、スープの味や風味を壊していないのが良かったです。

Photo_102 こちらはT君が注文したつけ麺2玉。手前に見えるのは、20円のトッピング、ゆずと三つ葉です。途中までそのまま食べて、それからこのトッピングを投入すると1杯で2度楽しめるとの事。このつけ麺、やはり麺が旨い。つけ麺だと、よりこの麺の旨さを堪能できると感じました。

残ったつけ汁にスープを入れて頂くと、これがまたまろやかで旨かったのです。ゆずと三つ葉の風味もいい仕事をしています。個人的には、つけ麺はそのままで、最後にスープとして飲む時にゆずと三つ葉というのがいいと感じました。

_2_6 龍の玉子かけご飯。龍がなにを意味するものかは分かりませんが(大分の地鶏の卵のようですが)、この黄身の色は少し鮮やかすぎるような気が。本当に自然な玉子の黄身は、もっと控えめな黄色だと思うのですが...とはいえ、食べてみるとなかなかに美味しい玉子。臭みもなく濃厚で、なるほどラーメンやご飯に良く合ってるな~と感じました。

オープンして間もない店だと聞いてましたが、なかなかに美味しいラーメン屋さんでした。完成度はすでに相当なレベルだと思うのですが、もう少しこの店ならではのものというのが欲しいとも思ったり。ちょっと個性に乏しい感じがするんですよね。ただ、マイベストに入るくらい美味しいと思ったことも事実。このまとまりのよさは、誰が食べても美味しいと思うのではないでしょうか。

煮干らーめん 玉五郎

住所 大阪市北区天神橋5-6-33

TEL 06-6136-1313

営業時間 11:30-23:00 無休

|

« ブラウニー@京都 | トップページ | 闘鶏 五郎(しゃもごろう)@天神橋 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

ダイバスターです。
熊ちゃんごめんなさい、五郎は嫌いです(w

投稿: T君 | 2006年11月22日 (水) 16時30分

なるほど~。ツメの甘さは名前どおりって事ですね!(笑)

投稿: 774 | 2006年11月22日 (水) 20時57分

T君>ダイバスター、はまってます(^^)

774>いやぁ、あれ程ツメは甘くないですよ。比べるのはラーメン屋さんに失礼です(^^)
それに、まだ新しくてやる気のあるラーメン屋さんのようですから、これからが楽しみじゃないでしょうか。

投稿: 岡電 | 2006年11月23日 (木) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/4269001

この記事へのトラックバック一覧です: 煮干らーめん 玉五郎@大阪市天神橋:

» アコースティックギター [アコースティックギター]
アコースティックギターが注目されています。エレキギターと違い1人で演奏できる気軽さも人気の理由の1つです。アコースティックギターが奏でる柔らかい音色が聴く人の心を惹きつけます。アコースティックギターは電子楽器と違いモデルチェンジがありません。 [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 04時53分

« ブラウニー@京都 | トップページ | 闘鶏 五郎(しゃもごろう)@天神橋 »