« 横澤パン@岩手県 | トップページ | みやもと鱗福@熊本県 »

MARINA DE BOURBON(マリナ・デ・ブルボン)

 梅田でアフタヌーンティを楽しんだ後、ハービスプラザでぶらぶらしてると、なにやらよさげな紅茶のお店が。紅茶の入った大きな缶が並んでいる店構え、どこかで見たことあるなぁと思っていたら、以前心斎橋そごうで紅茶を買ったマリアージュ・フレールによく似ているんです。

ただ、マリアージュ・フレールはイギリスの歴史ある老舗ブランド。対してマリナ・ド・ブルボンは割りと新しく、名前はパリのブティックからいただいているようです。詳しいことは分からないけど、少なくともブレンド等は日本で行われているようです。

感じのいい店員さんが、缶から少し取り出して香りを嗅がせてくれるのですが、種類がありすぎて迷ってしまいました。結局隣に喫茶スペースがあるので、紅茶やケーキを頂けるので、そちらで試してみることにしました。

P1030162 私は、ソワレというハチミツの甘い香りが心地いいアッサムティをアイスで。ソワレには夜会という名前も付いているのですが、こちらの紅茶の多くにはそんな風にサブネームが付いていて、それがまた楽しいですね。奥の左はアールグレイ、右はレゾナンス(響き)という緑茶の香りの効いたさっぱりとした紅茶。アールグレイも香りが穏やかで飲みやすくて、私の好みにぴったりでした。上の方の紺色のものは、ティポットが冷めないようにかぶせてくれているカバーです。手前のキッシュは結構普通。

P1030196_1 結局、ソワレとアールグレイ、それにジャワという紅茶をお土産に。ジャワは、インドネシア・ジャワ島の紅茶で、渋みが少なくミルクティーにも合うという私の好みにぴったりのもの。まだ飲んでいませんが、飲むのが楽しみです。ソワレは、砂糖を入れないと香りと甘さが合ってないようで、砂糖を入れた方が香りどおりの甘さになって私好み。もちろんそれは甘党な私の好みで、他の人は香りを楽しめるので砂糖はいらないと言ってましたが(^^;;

マリアージュ・フレールやフォートナムメイソン等と比べると、香りも苦味も穏やかで、私のような紅茶初心者にはぴったりだと思いました。種類も多くて、入れ物も可愛いし、気に入ってしまいました。

マリナ・ド・ブルボン

URL http://www.marina-de-bourbon.com/

|

« 横澤パン@岩手県 | トップページ | みやもと鱗福@熊本県 »

紅茶他飲み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/3658434

この記事へのトラックバック一覧です: MARINA DE BOURBON(マリナ・デ・ブルボン):

« 横澤パン@岩手県 | トップページ | みやもと鱗福@熊本県 »