« IHで中華@エビチリ | トップページ | ザ・リッツ・カールトン・グルメショップ »

IHで中華@海老の頭と春雨煮

 エビチリに使った海老の頭が残ったのですが、捨てるのももったいないので、なにか作ってみることに。豆鼓醤があったので、春雨と合わして煮込むことに。

P1030235 生姜とニンニク、豆板醤を炒めるところまではエビチリと同じ。辛さは隠し味程度なので、豆板醤は少なめに。油は少々多めに。程よく炒めたら、海老の頭と豆鼓醤、葱のみじん切りを放り込んで、さらに炒めます。そこに、紹興酒を入れてアルコールを飛ばします。紹興酒は少し多めに入れました。100CC程でしょうか。

実はこの紹興酒、去年中国に行った際お土産に購入したもので、10年ものなんです。ところがうちでは誰も飲まないんです。もったいない気もするけど、まぁ有効活用ってことで。

P1030236 程よく煮詰まったらスープをどばっと。ここまですべて目分量です。弱火にしてコトコト煮込みます。赤い油のようなものが浮いてきたら、頭の旨味が出てきた証拠。灰汁をとりつつさらに煮込みます。なんともいえないいい匂いが漂ってきました。

P1030237 ここで、茹でてもどしておいた春雨を入れます。そしてさらに煮込んだら、塩胡椒で味付け。醤油も少々。味を見て丁度よければ、水溶き片栗粉をまわしいれとろみを付けます。最後に胡麻油を少々入れて、一煮立ちさせれば出来上がり。

思いつきで適当に作った割には美味しく出来ました。これも、いい海老の頭から出たエキスのおかげでしょうか。なんともいえないコクが出てたのは、まさしく海老のおかげかな。

|

« IHで中華@エビチリ | トップページ | ザ・リッツ・カールトン・グルメショップ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IHで中華@海老の頭と春雨煮:

« IHで中華@エビチリ | トップページ | ザ・リッツ・カールトン・グルメショップ »