« 和歌山ラーメン考@まるしげ | トップページ | ブルーノ・パイヤール・ロゼ »

そば切 徳@和歌山市

 以前T氏がブログで紹介していた、そば切 徳にやっと行くことができました。家から歩いて5分の距離にありながら全く知らなかったのです(^^;;広瀬小学校の西側に民家の1階をそのまま店舗にした建物がありますが、初めて来たらなかなかそれとは分からないかも。T氏もよく見つけたものです。

P1000453 感じのいい店内に入り席に付くと、手作りの蕎麦せんべいと蕎麦茶が出てきます。この蕎麦せんべいがなかなかの旨さ。お茶も美味しくて、これはのっけから期待させられる展開です。お昼のセットでもこのせんべいが出てくるのがさらにいい感じです。ちなみに、このせんべいとお茶はお土産に買うことも出来ます。

P1000455 まずは、そばがき。私は蕎麦屋に行くと必ずといっていいほど蕎麦掻を頼むのです。わさび醤油かきな粉をつけて。きな粉をつけるのは珍しいと思いますが、私の勉強不足なのでしょうか?わさび醤油のわさびがちゃんとしたおろしわさびなのが嬉しいです。この香りはおそらくサメ皮でおろしたものでしょう。ねっとりとした蕎麦掻と、このわさび醤油が合うのはもちろん、きな粉ともよく合っています。なかなかに美味しい蕎麦掻です。

P1000456 この日注文したのは、辛味大根そば。私は辛味大根が大好きなのですが、初めてならそば切りでじっくりツユと蕎麦の味を味わった方が良かったかもしれません。とはいえ辛味大根は、鼻に抜ける強烈な辛さがなんとも心地いいんです。かぶのようなひなびた風味も心地よく、そばとよく絡んでなんともいえない旨さ。蕎麦自体は、ややぼそぼそした食感が残念。しかも少し水っぽい感じも。ただ、今は蕎麦にとって厳しい季節ですので、秋になればもっと美味しく頂けるのかもしれません。

P1000457 おいなりさんは1個70円です。ジューシーな揚げに包まれた、米の粒が一粒一粒立っているのがなんとも好印象な美味しいおいなりさんです。ちゃんとした美味しい生姜もいい感じ。料理がいくら良くても、漬物が出来合いの安っぽいものだったりするとがっくり来るんですよね。出来合いの不自然な味わいの寿しを150円で出す、和歌山ラーメンの店にも見習ってもらいたいものです。

P1000458 そばアイスです。きな粉のような風味がなんとも美味しいアイスです。やや粉っぽさがありますが、そんな事は気にならないくらい美味しいんです。甘さ加減もちょうどよくて、これは私の好みにぴったりですね。後日ランチを頂いた際にも注文してしまいました。

P1000464 で、これがそのランチセットです。蕎麦はそば切りかきつねそばから選べて、840円でした。可愛いサメ皮のおろしに山葵が付いてきますが、こういうのは少しあざとい感じがして好きになれません。おろした山葵をたっぷり添えてくれた方が余程いいと思うのですが。ツユはかえしの寝かせが足りないのかやや深みがたりない感じ。甘さがきついという意見もありました。蕎麦自身のぼそぼそした感じも、そば切りだとさらによく分かってしまいます。ここらへんは、まだ若い店主のこれからに期待といったところでしょうか。

と、いろいろ注文もありましたが、まだまだ開店して2年の店ですし、なにより手作りにこだわりいいものを提供しようとする姿勢がなんとも好印象でした。さいわい分かりにくい場所ながら結構繁盛しているようですし、ずっと長く続けていってほしいものです。

蕎麦は体にも優しいですし、不真面目なラーメンを食べるならここで蕎麦を食べた方が余程健全だなと思った次第です。

そば切 徳

住所 和歌山市屋形町4-15-1

TEL 073-427-3456

営業時間 11:30-15:00 17:00-20:00 日曜定休

|

« 和歌山ラーメン考@まるしげ | トップページ | ブルーノ・パイヤール・ロゼ »

和歌山市の食べ歩き」カテゴリの記事

麺類と粉もん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/2698822

この記事へのトラックバック一覧です: そば切 徳@和歌山市:

« 和歌山ラーメン考@まるしげ | トップページ | ブルーノ・パイヤール・ロゼ »