« 和歌山ラーメン考@まる三 | トップページ | Plein(パティスリー プラン)@芦屋 »

バラの木@大阪市東三国

 和歌山ラーメンは一休みして、めちゃお気に入りの洋食屋さんを紹介します。弟の店の展示会も無事終わり、その打ち上げにみんなで東三国のバラの木へ行ってきました。心斎橋にも、有名なばらの木という洋食屋さんがありますが、こちらとは全く関係ないようです。心斎橋の方は私が紹介するまでもなく、あちこちのブログで紹介されています。

P1000437 まずは、コーンポタージュ。いきなりやられました。このコクとまろやかさ。丁度いい塩加減。たっぷりの量。それで値段は300円(だったと思います)これを頂いた時点で、もうその後の料理が待ち遠しくてたまらなくなってしまいました。

P1000438 ステーキです。こちらは200gで2800円ですが、150gで千円台のものもありました。やや堅めのしっかりしたステーキです。食べると、しっかりとした肉の旨味と、ジューシーな肉汁が溢れます。ステーキというと柔らかいのが一番という風潮ですが、私はこういうしっかりとした噛み応えがあるのが結構好きです。値段もお手ごろですしね。

P1000439 有頭エビのアレキサンドリア。名前の由来は分かりませんが、エビをまるごとクリームコロッケで包んだものです。このクリームコロッケがまた旨い!この日クリームコロッケが売り切れだったのがなんとも残念でした。デミグラスソースもエビも最高。付け合せの野菜がまたなんとも旨いんです。特にニンジンが甘味あふれる絶妙な旨さで、奪い合いになるほどでした。

P1000440 エビフライです。大きなエビが2匹で千円ちょっと。この値段だと、普通冷凍物になると思うのですが、これはそうではないと感じる旨さでした。値段からすると信じ難いのですが...身はプリプリで旨いのはもちろん、頭がまた濃厚で旨い。冷凍物だと頭の味噌が臭かったりするのですが、これは全くそういうことがなくなんともいえない旨さでした。マヨネーズソースがこれまた絶品で、どこにも隙を感じないエビフライでした。最初1皿頼んだのですが、あまり旨いのでもう1皿追加してしまったほどです。

P1000442 ビーフシチューはパイに包まれてきます。さくさくのパイを崩して、中のとろとろのお肉と一緒に頂きます。このお肉がまた、口の中でとろけていくんです。それほど煮込んでいながら、肉の旨味がしっかりとしているのもまたいい感じ。パンにもよく合いますが、パンについてくるバターがまた旨くて、どちらで食べるか迷ってしまいました。

P1000443 ハッシュドビーフです。濃厚なデミとバターライスの組み合わせは一瞬くどそうですが、食べてみるとなんともさわやかな後口。たまねぎや肉の旨さもしっかりとして、満足感も最高のハッシュドビーフです。普通の人なら、これ一皿でお腹いっぱいになるかも。

P1000444 ハンバーグです。たっぷりとした見るからに美味しそうなハンバーグ。これがもう見た目を裏切らない絶品なんです。ほんまに旨い!なんという柔らかさ!口の中で溶けていきます。このハンバーグ、スプーンでソースと一緒に頂くと、これまた口の中でそれが融合してとろけてもう恍惚状態。口の中でハンバーグとソースがフュージョンしてる~って感じで、いやもう幸せです。

この後ボンゴレも頂きましたが、そちらはやや塩辛くちょっときつかったかな。ただ、たまねぎとマッシュルームの旨さはしっかり健在でした。

最初から旨いものばかり頂いて、お会計をしてびっくり。これだけ食べて、ワインのボトルまで頂いて、一人3500円ほど。なんという安さでしょう。しかも胃にもたれるような感じが全くないのです。寡黙で、旨いもん作りますオーラ全開のご主人と、一見怖そうだけど隅々まで気配りの行き届いた奥さんとのコンビネーションも最高です。

いやもうすっかりファンになっちゃいました。絶対にまた来たいですね。

※小さなお店ですので予約していくのがベターでしょう

バラの木

住所 大阪市淀川区東三国 4-16-15クイーンハイツ  1階

TEL 06-6395-4525

営業時間 11:30-14:00 17:00-21:00 日曜夜のみ

月曜定休

|

« 和歌山ラーメン考@まる三 | トップページ | Plein(パティスリー プラン)@芦屋 »

洋食」カテゴリの記事

関西の食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/2582374

この記事へのトラックバック一覧です: バラの木@大阪市東三国:

« 和歌山ラーメン考@まる三 | トップページ | Plein(パティスリー プラン)@芦屋 »