« 木次@島根 | トップページ | キュリオ(curio)@京都河原町 »

あと村@京都木屋町

 京都にはよく行くのですが、最近はラーメンや湯豆腐ばかりで、京料理を食べてなかったんですよね。それで、今回は京料理が食べたいってことで、木屋町のあと村でミニ会席を頂いて来ました。

P1000213 間口の狭い、いかにも京都の老舗といった風情にちょっと身構えてしまいますが、中に入れば気さくな仲居さんたちが迎えてくれてほっとしました。門をくぐってから座敷に着くまで、ちり一つ落ちていない、手入れの行き届いた店内を見ていると、いやがおうにも期待に胸が膨らみます。

P1000202

前菜です。右端の灰色のものは、たこの子、左端は湯葉です。どれも上品で、いかにも京料理って感じです。特に気に入ったのがみょうがのお寿司で、みょうがの酸味と御飯の甘みのコラボが絶妙でした。玉子焼きのふわふわとした食感もたまらなかったです。

P1000203 お造りです。鴨川の見える、京都の料亭の座敷で鱧を食べる。もうそれだけで幸せな気分になってしまう私は、なんてお気楽ものなんでしょうか。でも、旨いんです。鱧は、もう骨切りが完璧で、鱧の持つ食感だけを純粋に堪能できました。

P1000204 焼きなすのうにのせです。今回これを食べるのが目的で、あと村を予約したといっても過言ではありません。一口食べてみると、もうぶっとぶ旨さ!ふつう、期待が大きいと旨さが半減するものですが、これはそんなレベルを超えています。加茂茄子も、ウニも、焼加減も、味付けも、全てが完璧!もう一口食べるたびに幸せが押し寄せてくる感じで、しかも量もたっぷり。なんて幸せなんでしょうか(^^)

P1000205 焼き物は、若鮎の塩焼きです。以前比良山荘でいただいた子持ち鮎も美味しかったですが、この若鮎も違った美味しさがありますね。苦味や風味がややきついのが、いかにも若さを感じさせます。もちろん心地いい苦味で、塩加減もばっちり。いやもう、幸せですわ本当に。

P1000206 椀物は、ゆりねを湯葉で包んだものでした。ゆりねがお餅のようにとろっとして、包んでいる湯葉と絶妙な食感を醸し出していました。とろみの付いた出汁はやや濃いめでしたが、しっかりとした味付けが、あっさりした湯葉にはめちゃ合っているように感じました。これまた旨いです。

P1000207 揚げ物は、とうもろこしのかき揚げです。これが今回食べたかった、もう一つの名物料理です。なんでも、とうもろこしが爆発しないように、一つ一つ針でつついているそうです。うっすら上品な衣には、しっかりと塩味が付いています。その塩味が、とうもろこしの甘みをより引き立てて、なんとも言えない旨さです。さくさく、ぷちぷちといった感じで、こりゃもうどうにでもしてって思うくらいの旨さでした。

P1000209茶碗蒸しです。具材は梅肉のみ。ここにきて、非常にあっさりした味付けの、シンプルな茶碗蒸しを出してくるあたりが心憎いです。梅肉の酸味と、うっすらした出汁の味が、揚げ物を頂いたあとの少し重たくなった感じを見事に打ち消してくれます。これで、次の御飯がすっと食べられるという訳ですね。

P1000210 ジャコ御飯と、お味噌汁です。このちりめんジャコがまた旨い!味付けも風味も最高。これだけで御飯が2,3杯はいけそうです。御飯自体と味噌汁の味も、もちろん最高でした。ただ一つだけ残念だったのが、漬物が出来合いのような感じだったこと。途中で食べた生姜の甘酢が美味しかっただけに、余計に残念な気になりました。

P1000211 デザートは、生姜味のシャーベットです。ちょうど薄めのひやしあめをシャーベットにした感じでしょうか。やさしい甘さに、生姜の風味がなんともいえず、満腹だったはずがすっきりとした感じになってきます。いや、これは会席を締めくくるデザートとしては最高ですね。ほんとにごちそうさまでした。

このミニ会席で7000円です。これだけ最高の雰囲気の中で、最高の料理を頂けるのですから、私はむしろリーズナブルに思えました。夜の会席なら、この倍はしますから。この2日ほど前に、地元のホテルでちょうど同じ7000円の会席を頂いて、なんだかなーと思ったところだったので、余計に今回お得に思えてしまったのかもしれません。やっぱり、京都にきたら京料理だよな~と思った次第です。

あと村

住所 京都市下京区木屋町四条下る斉藤町139

TEL 075-343-3770

営業時間 11:30-14:00 17:00-22:00 無休

URL http://www.kyoryori-atomura.co.jp/

|

« 木次@島根 | トップページ | キュリオ(curio)@京都河原町 »

和食」カテゴリの記事

関西の食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

初めまして!
あと村さん本当に美味しいですよね。
私は初めてでした。いつかまた行ってみたいですね。
TBさせてくださいね♪

投稿: weekend | 2006年6月30日 (金) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/2194872

この記事へのトラックバック一覧です: あと村@京都木屋町:

» 鴨川と「あと村」さん [WEEKEND]
京都初日の夕食は鴨川沿いにある京料理のお店「あと村」さん。小さな甥と姪がいるので川床ではなく鴨川を見渡せるお座敷を用意してくれていました。 土曜日は晴天だったので川床を利用するお客さんも多く、満席でした。6月から9月まで設置される川床。いつかは川床を体験してみたいな^^ でも実際の所、暑さ・天候・虫(笑)の心配が少ない涼しい日がオススメ、と奥さんのご両親がこっそり教えてくれました。確かに!!! あと村さんの川床はたとえ晴天の日でも、万が一雨が降ったときに避難できるようにお座敷を... [続きを読む]

受信: 2006年6月30日 (金) 09時31分

« 木次@島根 | トップページ | キュリオ(curio)@京都河原町 »