« さくらんぼ対決、福島VS山形 | トップページ | ひょっとこその2@岩出町 »

弥栄鮓@和歌山市

 先日、友人に仕事を手伝ってもらったお礼に、弥栄鮓に行って来ました。弥栄鮓は、和歌山で私が一番好きなおすし屋さん。といっても、なかなかいいお勘定になるので、年に2,3回いければいい方なのですが...早く月一くらいで行ける身分になりたいものですね。まあ、今回のようなパターンは格好の口実になるわけでして、期待に胸を躍らせながら入店したのです。

P1020819 お酒は、今回”さいかのさと”を選びました。黒牛もあったのですが、黒牛の純米酒は最近味が落ちたようなきがしますので、初めて飲むさいかのさとにしてみました。飲むと結構甘さが来ますが、決して嫌味な感じがなく、後口がさっぱりとしたいいお酒です。これは寿司に合いそうですねぇ。

P1020822_1 お造りは、まぐろの赤身、加太の鯛、そして奥がその鯛の一本釣りの仕掛けにかかるという鯖です。まぐろと鯛はもう予想通りの美味しさ。びっくりしたのが、この鯖の旨さ。最近、鯖を刺身で食べさせる店も増えてきましたが、この鯖の旨さは格別。加太の速い潮の流れがこの味を産んだのか。とにかく身震いするくらいの旨さでした。

P1020824

シマアジのたたき。濃厚で脂ののった、美味しいシマアジでした。ただ、少し血なまぐさかったかな。ここは、炙り加減が絶妙なんですよね。火の通り過ぎないぎりぎりの所を見切っている感じがします。と思っていたら、ここらへんで問題が。隣の客がタバコをぷかぷかと。それも、中高生かというくらい、豪快に煙を吐き出してくれるので、それがこちらに来てたまらない状況に。その客の目の前にある、ざるに盛られた本わさびも煙でいぶされているし...

P1020823 ま、気を取り直して目の前の料理に集中しましょ。私の大好物の炙りものも出てきたことだし。ここでは、結構脂ののった物を、かるく炙って握ってくれるのです。季節によって、寒ブリだったり、マグロのとろだったり、それがまた絶品なのですが、本日は石鯛です。炙り物は赤身という勝手なイメージがあったので、今回の白身での炙りにはびっくりさせられました。それが食べてみるとなんとも絶品なのです。炙り加減、ポン酢の風味、添えられた葱と生姜、全てのバランスが絶妙なのです。石鯛を炙ったらこんなに美味しいなんて、嬉しい発見でした。

P1020821 むらさきウニです。ウニのとげがまだ動いています。ええ、こんなの美味しくないはずがないですわ。スプーンですくってそのままでもいいし、軍艦に乗せても旨いです。只、海苔の風味がちょっと邪魔かな。そのまま食べた方が旨いと思いました。以前ここで頂いた、エゾバフンウニがあまりにも旨かったので、今回は普通に旨いって感じでした。あの濃厚なウニなら、軍艦の海苔の風味にも負けないと思います。

P1020825 手前が、めばちマグロ、奥が左から、しめ鯖、鱧、赤いかです。鱧は少し骨きりが甘かったのが残念。京都のあと村で頂いた、とろけるような鱧を経験していなかったら、こうは思わなかったのでしょうが。ここでも、その旨さを見せ付けたのが鯖です。しめ鯖の旨さは格別。それに添えられた、甘酢の染みた蕪の薄切りも最高に合っています。蛇足ながら、ここはガリも最高に美味しいのです。

P1020826 あわびを、お寿司とバター焼きで頂きました。小ぶりな可愛いお寿司が八個。身の厚さが丁度いいのか、程よい歯ごたえであわびの旨味を堪能出来ました。歯ごたえが強すぎると、じっくりと旨味を味わえないですが、このあわびは絶妙な歯ごたえです。一人四個ですが、あっという間になくなってしまいました。バター焼きは、特に肝の旨さが絶品でした。濃厚な肝と、醤油バターってこんなに合うものなんですね。

P1020829 赤貝は涼しげなお皿で。蒸し暑い今日この頃ですが、こういうのを頂くと暑さも吹き飛びますよね。ただ、赤貝の旬は冬のようですので、やや味の深みには欠けているような気がしました。ここらへんで、店内はタバコの煙でもうもうとなってきました。私は、こりゃ駄目だと思い最後の注文をしたのです。

P1020830 玉子とアナゴです。私はここに来ると、必ず最後にアナゴ、そしてわさび巻きを頂きます。アナゴはいつもは蒸したものを頂くのですが、今日は焼きアナゴです。とろけるような蒸アナゴが好きで、そればかりだったのですが、この焼きアナゴがまた旨い!とろけるような食感はそのままに、焼かれた香ばしさがなんともたまりません。ワサビ巻きは、卸したワサビとワサビの茎をみじん切りにしたものだけを巻いたもの。かめばかむほど辛味が押し寄せてきて、最後は涙が出るほどガツーンと来るのですが、清らかなワサビの風味が締めを飾るのに丁度いいのです。

と、普通ならこれで大満足で帰るのですが、今回はちょっと不満も出てしまいました。今回はタバコを吸っている客が多くて、服に匂いが移る程でした。雀荘に行ったんじゃないんだから、すし屋でこれはないんじゃないと思った次第です。まぁ、こればかりは店が禁止してるわけでもなんでもなく、単なるマナーの問題ですからなんとも仕方ないのでしょうが。ラーメン屋さんでも禁煙のところが増えてる中で、せめてカウンターくらいは禁煙にしてよと思う今日この頃...

弥栄鮓

住所 和歌山市元寺町3丁目7

TEL 073-423-0310

水曜定休 

予算は一人10000-15000円ほど 予約をした方がベターでしょう

|

« さくらんぼ対決、福島VS山形 | トップページ | ひょっとこその2@岩出町 »

和歌山市の食べ歩き」カテゴリの記事

和食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/2445346

この記事へのトラックバック一覧です: 弥栄鮓@和歌山市:

» 今すっごくたべたいものは・・・ [食べたいものNOW!]
食べることができない今、すっごく食べたいものは・・・ [続きを読む]

受信: 2006年11月15日 (水) 10時36分

« さくらんぼ対決、福島VS山形 | トップページ | ひょっとこその2@岩出町 »