« サブリナ@和歌山 | トップページ | ぎょうざの丸岡@みやざき »

黒牛@和歌山

 最近なんか風邪をひきやすくなってきました(TT)治るのも遅くなってきたし。昔はめったにひかなかったし、ひいても一日で治ったものですが、寄る年並みには勝てないのでしょうか…

ま、こういうときは百薬の長、お酒でも飲んですぐに寝るのが一番。普段はあんまりお酒は飲まないのですが、日本酒とシャンパンはわりと定期的に飲んでいるのです。で、和歌山が誇る地酒、黒牛です。リーズナブルながら、きれがありとても美味しいお酒です。そのカップ酒が出てたので、物珍しさから買っておいたのがこれ。黒牛にもいろいろ種類がありますが、普通の純米酒で充分美味しいんです。

P1000065_1 何故に隣にシャンパン(ヴーヴクリコ)が写ってるかというと、ある本でおもしろい記事を見つけたからです。ある本とは、岸朝子さんのお酒はおいしゅうございますという本。この中にイーストアンドウエストという、岸朝子さんオリジナルのカクテルが紹介されていたのですが、それがなんとシャンパンと日本酒を合すという荒業!別々に飲んだ方が旨いに決まってるという思いとうらはらに、試したいという冒険心もむらむらと(^^;;

P1000064 とはいえ、やっぱりもったいないので、最初は別々に飲むことに。あては、パルマプロシュート。この日賞味期限間近ということもあり、半額で売られていたのです。空気を含ませるようにふわっと盛り付けて、うん旨い!さすがにシャンパンとよく合います。ところが、黒牛がまた合うんです。日本酒って本当守備範囲が広いんですよね。チーズとも意外とよく合ったりするし。

P1000067 さあ、一通り楽しんだところでいよいよカクテルです。日本酒を4割ほど入れて、シャンパンを6割入れます。これはややシャンパン多めです。なぜか日本酒を増やしていくと色が濃くなっていきます。透明な日本酒なのに不思議ですね。さて、勇気を振り絞って一口…うまいやん(^^)シャンパンがよりまろやかになった感じで、飲みやすい。いや、ほんと旨いわこれ。すいすい飲めてしまいます。生ハムと共に、あっという間に胃袋に。

だまされたと思ってやってみましたが、思いのほかいい体験をさせていただきました。シャンパンも凄いけど、いや日本酒ってほんとすごいですね。日本人に生まれてよかったって感じです。お財布に余裕のある方は、クリュッグと十四代純米大吟醸なんかを合わせてみてはどうでしょう?宝くじでも当たったらやってみたいですね(^^;;

岸朝子著 お酒はおいしゅうございます

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4789547345/qid=1148558980/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/250-5902415-9200260

黒牛

http://www.kuroushi.com/

|

« サブリナ@和歌山 | トップページ | ぎょうざの丸岡@みやざき »

お酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/1936264

この記事へのトラックバック一覧です: 黒牛@和歌山:

« サブリナ@和歌山 | トップページ | ぎょうざの丸岡@みやざき »